全く、そういう事をしていたので、納得した。剪定をして、沢山の毛虫の話をした時も、毛虫に刺されると、大変なことになるのだと聞かされていたが、眼に見える毛は、なかったし、毛に刺されもしなかった。

目にも見えない毛がたくさんあることは知らず、また、それが、洗濯した後の干したソックスに舞って行って着くなどということは、想像だにしなかった。

夏の間中、そのソックスは履かず、別のを履いていたので、この症状が現れるまで、そんな事に
なっているなんて、考えもしなかった。

不用品回収はソックスと一緒に置いた洗濯物は、もう1度洗濯したほうがいいですということだった。

帰り道、一緒に、干していた下着を、つけていたとしたら、その下着の箇所が、真っ赤な発疹になっていたところだった、と思いを馳せ、原因が解って良かったと思うべきなのかと、思いめぐらせた。

病院を出たら、もう、暗く、田舎で、6時のチャイムを畑で、カラスが西の空へ一斉に群れを成して

帰るのを見上げて、また、草取りをする以外の日常が欲しいと願ったが、かゆくて病院へ行く

以外ということも付け加えなければと思うのだった。

また、1週間薬を飲むことになった。塗り薬だけでなく。