2011年暮れに引っ越してから、ビデオをハードディスクレコーダーに切り替えた。新しい機種を選んだというより、すでに世の中には、それしか選択肢がなかったからである。

 しかしながら、このハードディスクレコーダー、搭載されているハードディスクの容量を常に気にしなければならないという厄介者である。ビデオjは、録画したビデオの本数が増えるという、別の厄介ごとがあったけどね。

 当時としては、最高レベルの容量3TBの機種を選んだにもかかわらず、標準(DR)で撮り続けていると、あっという間に容量を喰ってしまうというのが分かったので、以降、3倍速(HX)を標準とするようになった。

 しかし、それでもすぐに容量の3分の2を消費してしまったので、あまり見ない番組を消したり、長時間使う映画の類はディスクに移して元のデータを消去したりしていたのだけれど、いったん消去してしまうと、後から後悔することも多かった

 幸い、購入したハードディスクレコーダーは、録画した番組の倍速変換が可能だった。ので、次に、あまり見ない番組を次々と8倍速(HM)に変更することにした